Top

Be happy★_★
by o00masako00o
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2004年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Body & SOUL
a0002591_232426.jpg


またまた、NYCクラブレポートです。

3/21のBody & SOULBACK TOGETHER AGAIN。
先日と同じくArcで開催。

まさか旅行中にこのイベントがあると思ってなかったので、とってもラッキー!

『Be Yourself』の時に店のスタッフに質問。、昼の15時からということなので現地で友人と待ち合わせ。
ところが、人がほとんどいなくて危ない感じ。。ほんとに15時から?
しばらくすると、数人の人たちが立ち話をしているので、聞いてみるとどうやらイベントのスタッフらしかった。
16時からぐらいとのことなので、夜出直すことに。
その時に聞いたんだけど、今晩ミーシャが遊びにくるらしい。へぇ~見たい(笑)

再び、夜10時くらいにくるとかなりな盛り上がり。とっても熱い。
さらに盛り上がってきて、しばらくすると、真っ暗になって稲光が。そのあととっても冷たいスモークが大噴出!してスコール(!!)気持ちよかったのと感動!
ふつう、雨ってあんまり、降らないよね?!
DJブースはかわるがわる常に10名ほど。Joaquin"Joe"Claussell、Danny Krivit、Francois Kもちょーノリノリで楽しかった~。とにかく、かちょよかった。

今回のイベントは$15、しかもバンダナ付(前売りだと$10)、クローク$3。
しんじられない~
ちなみに、東京でも4/28・29に開催。入場料6500~7000円!!!
この金額差っていったい。。

残念なことに、Arcは、4月いっぱいで閉鎖されるとのこと。

あっ、ミーシャ見つけられなかった。
[PR]
by o00masako00o | 2004-04-23 04:21 | Music
Peanuts: The Art of Charles M. Schulz
a0002591_232618.jpg

NYおみやげ編。

友人とBarnes & Noble(本屋)へ。本やら、金属製のしおりやらを物色。
その時に友人がいないな~と思ったら、すわりこんでなにやら真剣に見ている。
なにかな~と思ったら↓Peanuts本↓でした。
Peanuts: The Art of Charles M. Schulz

チャーリー~!?
(何かに似ている、思いだせない~、ミッフィー?)

チャールズ・シュルツのスケッチ(感動!)や、キャラクターの原型、新聞や原稿をそのまま転写していて、コーヒーらしきシミやセロテープの後、黄ばみ等、切り貼りなど(しまいにゃ、破けてる)質感がすばらしい!!(ほめてない?)
構成もこじゃれてて、もちろん、まんがも楽しめます~

後から知ったけど、amazonでも買えましたね。しかも微妙に安いような。。
amazonあなどれん。

他にもいろいろな本を買ってしまい、結局一度ホテルに荷物を置きに帰ったのでした(おもっ)
[PR]
by o00masako00o | 2004-04-20 23:27 | Book
精神年齢チェック
ネコ科の動物

精神年齢チェック

私の診断結果もatuko-k さんと同じく、【25歳】ぐらいで【華の青年】レベルでした。
確かに落ち着きのないところとお金のないところ(知識も)はあたってる(悲)snowdropさんの精神的熟考度100%はすごいです。

みなさんの結果も見たいのでお試しください!

【私の診断結果】

あなたの精神年齢は【25歳】ぐらいで【華の青年】レベルです。

あなたは普通の社会人として通用する程度の精神年齢の持ち主です。
もしあなたが20歳未満ならば、なかなか精神的に発達しているといえるでしょう。
20代ならば平均的、30歳以上ならば「まだまだ若いな」という感じのレベルです。
今のあなたにはうまく社会で適用できるだけの能力がありますが、まだ少し自分本位な面があるのかも知れません。

社会理念を追求するよりも、もっと自分のための楽しみや、自分の自由になる時間を求める傾向がありそうです。
仕事に、恋に、謳歌したい時期ですから、目一杯、毎日をいきいきと過ごしてください。
ただし、あなたが30歳以上ならば、いい加減、落ち着いたほうがいいかと思います。
今のあなたに必要なもの:結婚資金・マイホーム資金・個人年金等、将来を見通したお金の知識

精神的未熟度  32%
精神的自立度  100%
精神的熟考度  57%
精神的悟り度  34%
[PR]
by o00masako00o | 2004-04-16 02:40 | ひとりごと
まだまだハプニング!
a0002591_23019.jpg

NYの話に戻ります。最近もの忘れがひいどいので、記憶があるうちに(笑)
今回は、まとまりがなく長いです。

初日、22時近くやっとホテルに着いた。落ち着けるとと思ったら、バストイレがない部屋。どうやら今日だけで、部屋を移れるらしいので良しとする。隣りがお風呂だったし。

このホテル(写真:ベルナードホテル)は、アパートを改装したホテルでこじんまりした感じ。フロントといか受付?みたいところにおじさんが一人。昼夜で交代している。部屋は、ほとんどベットのこれまたこじんまりしたお部屋。

早速、会う約束をしていた親友に電話をしに外へ。結構雪が降りだして寒い。

ん?電話が通じない!??

電話のかけ方違うの?寒いよ~。どうしよう、住所書いてくるの忘れたし、メールも打てないし。。
一旦ホテルへ戻り、探したがやっぱりこの電話番号。
結局、妹に電話をし、「電話がつうじないよ~。明日ホテルまで来て~」とメールを打ってもらう。とりあえず、待つしかない。

開き直り、お風呂に入ろうとお風呂グッツをもってお風呂へ。お風呂の鍵が調子が悪く悪戦苦闘していると、となりの自分の部屋で電話の鳴る音が!すぐに入ろうとしたら、鍵が開かない!ってこれ、スーツケースとうちの鍵じゃん~

きゃー、かぎ部屋の中だ~!!

あいにく2階の階段近くだったので、10秒くらいでフロントへダッシュ、電話を代わってもらうとやっぱり友人だった。電話番号を、聞き間違えてたようだった。あ~連絡とれてよかった。おじさんにペンを借りて、手に電話番号をメモして一安心。

「あっ、内鍵してたんだ。鍵かりなきゃ。」と、おじさんにつたない英語で説明すると「Oh my god!」とひとこと。お騒がせしました。

ほんと、あわあわ。。
[PR]
by o00masako00o | 2004-04-12 02:31 | ひとりごと
マクラメ
a0002591_41028.jpg最近、はまってるというか夜な夜な、作ってるもの。

マクラメ(発音はマックラメっぽい)というもので、麻紐も編んでアクセサリーや携帯
ストラップなど作れる。

携帯ストラップを作って、つけてたら友人たちに思ったより好評で欲しいと言われたので作成中。いろんな色で作ってま~す。
これ作る時は、かなりやばい体勢で作っているので、作っている時は絶対人にみせられませ~ん。はたから見ると、かなり不気味というか、不思議というか、間抜け?(笑)

しかも、心を無にしないと網目が乱れちゃうので「無・無・無」と思いながら作ってるので、目もいっちゃてます。そんなかんだですっかり、夜型。。。

ちなみにNYシリーズはまだつづく。(これは関係ないです、はい)

これも、テーマトラックバックがないので、無理やり「アート」(笑)
[PR]
by o00masako00o | 2004-04-09 04:11 | ひとりごと
Danny Tenaglia Pres. Be Yourself@Arc
a0002591_25916.jpg


NY、次のクラブイベントは、毎週金曜日にArcというクラブで行なわれている『Be Yourself』。こちらも“DANCESTAR USA 2004”のBEST US CLUB NIGHTに選ばれたイベント。

DJは、Danny Tenaglia

Arcは、SOHOからチャイナタウンをぬけたHubert StreetとHudson Streetの間の倉庫街。昼間は、人通りが少なくてちょっと危ない。夜は、クラブに来てる人たちで割りと人通りが多い。

クラブに着いたのが、2時半まわっていたので並ばずに入れるかと思ったら、エントランスでIDチェックに。

「げっ」パスポート忘れてる~!(またしても。。)

ダメ元でチャレンジしたら、やっぱり断られ、シュンとしてたら、次回からもってくればいいよってな感じで入れてもらえた~。ラッキー!顔はこわかったけど、いい人だ。

お次は、女性による入念なボディチェック。もっと怪しい人いっぱいいるのに、ジーンズのちっちゃいポケットやら、全身とバックをチェックされる。何にも持ってませ~ん。

本日のイベントは$25、クローク$4。ちょっと高い。もちろん日本よりは安いけど。

フロアに入ると真っ暗&スモークで何にも見えない。人もちょー満員ですごいというか異様な盛り上がりと空気。そして、上半身はだかのゲイな方(マッチョ系&KABAちゃん系)がいっぱい。

はだか率高いよ~!(汗、飛び散りまくり。。)

ゲイナイト?では、ないみたいだったけどな~。まあ安全といえば、安全。そして、人種も様々。アジア系の人もいっぱい。年齢層は、cieloより若そう。(たぶん、20代前半?)

2メートル先しか見えないので、どんなフロアになってたかは、ナゾ(笑)。人がいっぱいで移動できず、のどが乾き、バーはどこにあるの~?と思ったら、ミネラルウォーターをたびたびくれる親切?な方が。

DJブース以外、ほんとに見えないんだもん。私って鳥目??写真もとれない暗さだったので、今回はほぼ昼間の写真。
[PR]
by o00masako00o | 2004-04-05 03:00 | Music